« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »

2019/01/26

BandLab Assistant 1/26 更新(5.0.4)

▼BandLab Assistant が Version 5.0.4 になりました

Cakewalk by BandLab から BandLab へのプロジェクトアップロードに関する問題が修正されているそうです。

アップデート時 Update Failed になる問題の修正はないのか…?


ちなみに Update Failed になってしまう場合は、
タスクトレイの右クリックから Quit で終了して下さい。
(恐らく設定用ギアアイコンは働かなくなっています)

ba_pdate_failed

終了後、こちらから最新版のインストーラーをダウンロードし、それを実行して上書きインストールする事で解決します。(インストール前に旧版をアンインストールする必要はありません)


Cakewalk by BandLab の更新はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/24

Cakewalk by BandLab 1/24 更新 (意訳)

▼Cakewalk by BandLab が 2019.01 BUILD 27 になりました

Cakewalk Version: 2019.01 (BUILD 27, 64 bit)

ホットフィックス (Hotfix BUILD 27 update)

前回アップデートにより起こった問題に対する緊急アップデートです

・ Build 24 にて、ミックスリコールで発生していた問題の修正
 (ミックスリコールがプリセットを適用していなかった)


(元の英文は こちら にあります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/23

BandLab Assistant 1/23 更新(5.0.3)

▼BandLab Assistant が Version 5.0.3 になりました

BandLab Assistant 内に表示されているプロジェクト右端【…】メニューに「Download Stems」が追加さました。
(当然 BandLab サイト上にプロジェクトが無い場合は確認出来ません)
Download Stems
詳細はこちらのページ(中盤付近)にあります (英語)


ちなみに Update Failed になってしまう場合は、
タスクトレイの右クリックから Quit で終了して下さい。
(恐らく設定用ギアアイコンは働かなくなっています)

ba_pdate_failed

終了後、こちらから最新版のインストーラーをダウンロードし、それを実行して上書きインストールする事で解決します。(インストール前に旧版をアンインストールする必要はありません)


Cakewalk by BandLab の更新はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/18

Cakewalk by BandLab 1/18 更新 (意訳)

▼Cakewalk by BandLab が 2019.01 BUILD 24 になりました

Cakewalk Version: 2019.01 (BUILD 24, 64 bit)

リリース・ノート(2019.01)

【Cakewalk by BandLab の新機能&機能強化】

・ Cakewalk プロジェクトを BandLab にエクスポートするだけでなく、BandLab ライブラリからプロジェクトをエクスポートして Cakewalk で開くことも可能になりました
・ トラックビューにリップル編集のインジケーターを追加
・ エクスポートモジュールの表示が H:M:S:F に変更され、範囲選択されていない場合でも選択モードが維持されるようになりました
・ スタート画面のプロジェクトテンプレート表示制限数が500個に増加しました (以前の表示制限数は100個)
・ ユーティリティメニューに BandLab Assistant 起動を追加
・ 統合された zplane elastique Pro オーディオストレッチおよびピッチシフトはバージョン 3.3 に更新されました (バグ修正とパフォーマンスの向上)
・ Cakewalk Plug-in Manager の最適化
・ プラグインブラウザのテキスト色を Cakewalk テーマエディタで編集可能になりました (VST2 と VST3 プラグインで異なる色が利用可能)
・ インストール完了後にリリースノートを表示するオプション (無効にするオプション設定は見つかりませんでした)
・ ヘルプメニューに新しいユーザーフォーラムへのリンクを追加

新機能の詳細説明はこちら(英語)

【バグフィックス】

・ ミュートされたテイクレーンへの録音が可能だった
・ フォルダが見つからない場合、ユーザーパスを AppData パスに自動で再割り当てする可能性があった
・ Cakewalk Plug-in Manager でプラグインカテゴリを切替えた際、読込み動作が非常に遅い場合があった


以上、かなり適当な部分があると思いますが、面倒なのでお許しくださいw

(元の英文は こちら にあります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BandLab Assistant 1/18 更新(5.0.2)

▼BandLab Assistant が Version 5.0.2 になりました

Windows 7 マシンでは正常にアップデートされました。

Windows 10 マシンではアップデート後半でエラー…
どうやら、ランサムウェアの防止機能が邪魔をしたようで、
記憶領域が不足しているというエラーメッセージがでました。
(書込みを阻害されたため書込む領域が無いという意味でしょう)

エラーは出たものの、アップデートは完了しているように見えます。

毎回一時的に OFF にしてからアップデートした方が良さそう…


ちなみに Update Failed になってしまう場合
タスクトレイの右クリックから Quit で終了して下さい。
(恐らく設定用ギアアイコンは働かなくなっています)

ba_pdate_failed

終了後、こちらから最新版のインストーラーをダウンロードし、それを実行して上書きインストールする事で解決します。(インストール前に旧版をアンインストールする必要はありません)


Cakewalk by BandLab の更新もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/01/14

Classic Skype Ver.7 【完全終了?】

2018年7月12日の記事
Skype 7.41.0.101 起動時、毎回アップグレードを迫られる」にコメントを頂いたので一応記事にしておきます。

ご存知のように Skype Ver.7 は 2019年1月7日を最後に利用不可になりました。
(アップグレードを拒むと終了してしまうだけ…)

今後 Skype を利用するには Ver.8 を利用するしかありません。
少しずつ機能追加&改善されてはいますが、まだまだです…

※ 過去記事に記載した方法でアップグレード阻止していた方は、
SkypeSetup.exe という名前のフォルダを作成した記憶があると思います。
残しておくと将来的に問題を起こす可能性がある上、もはや不要です。
忘れずに削除して下さい!


ちなみに、Skype Insider に参加して Preview 版を使うことで追加機能が早めに使えたりしますので、気になるようでしたら自己責任でどうぞ。

複数アカウントで多重起動したい場合は、過去記事を参考にして下さい。
Skype for Desktop 8 【多重起動】


▼2019/1/15 追記

現在も Ver.7 が使えているというコメントを頂きました。
時間が出来たら、入れなおして試してみようと思います。
その際は、また記事にするか追記します。


▼2019/1/19 追記

Ver.7 を入れ直してみたところ、インストール完了後は普通に起動しましたが、一旦終了して再起動したら「アップグレード」か「終了」を迫るウィンドウが出て何ともなりませんでした… (色んなフォルダやレジストリを調べてみましたが、回避出来そうなものは見つかりませんでした)

少し古いバージョンをインストールすると使える(アップグレードを迫る機能が内蔵されていない)という記事を見つけましたが、安全性を欠いてまで無理に使用するつもりはないので諦めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »