« 2019年4月 | トップページ | 2019年7月 »

2019/05/29

Melodyne が Version 4.2.2 に更新されました

いくつかの Cakewalk by BandLab に関わる修正がされています

現行バージョン 4.2.2(4.2.1 との比較)

新機能と機能向上

Studio One 4 でのウィンドウ管理機能向上:Melodyne のズームおよびその他のウィンドウ設定が一定となり、これまでウィンドウ毎に個別の設定で表示されていましたが、新規オーディオ・リージョン選択時に同じ設定で表示されるようになりました。

バグフィックス

解消:Cakewalk で、一定の状況下において、新規ファイルが自動分析されず、検出プロセスをスタートするのにアルゴリズムを手動で選択する必要があった不具合
解消:スタンドアロンの Melodyne で、他のプロジェクトが開いている状態で保存せずにプロジェクトを閉じるとクラッシュすることがあった不具合
解消:Logic で、Melodyne プラグインの認証で DAW のローンチが低速化することがある不具合
解消:スタンドアロンの Melodyne で、一定の状況下においてプロジェクトを開いたりインポートしたりするとクラッシュする不具合
解消:ARA モードで、再生をスタートしてから停止すると、一定の状況下において blob 編集時のモニタリングができなくなる不具合
解消:Cakewalk で、新規クリップを選択すると Melodyne の位置表示がずれることがある不具合

| | コメント (0)

2019/05/18

Cakewalk by BandLab 5/17 更新 (意訳)

▼Cakewalk by BandLab が 2019.05 BUILD 31 になりました

Cakewalk Version: 2019.05 (BUILD 31, 64 bit)

リリース・ノート(2019.05)

【Cakewalk by BandLab の新機能&機能強化】

  • ARA 2(Audio Random Access)プラグインのサポート
    ARA 2 は Melodyne 4 のような次世代 ARA プラグイン(トラック共有、リージョン、セレクション、プロジェクト設定等を含む)の、より厳格でより効率的なアプリ統合を提供します
  • 全てのプラグインインスタンスにわたる共有ビューを持つ ARA 2 リージョンの編集機能を向上
  • マルチクリップのスリップストレッチ
    (Ctrl と Shiftキーを押しながら、選択されている複数クリップの端(どこでもOK)をドラッグする事で、選択されている全クリップをストレッチ出来ます。ストレッチツールも使用出来ます)
  • インストゥルメントトラック「インスペクタ」の【ゲイン】ノブは、【オーディオ】タブが選択されている場合オーディオ入力ゲインを制御し【MIDI】タブが選択されている場合 MIDI 速度オフセットを制御します
  • zplane élastique を v3.3.0.23501 に更新しました(オーディオストレッチとピッチシフトのバグ修正とパフォーマンス向上)
  • グローバルタイミングツールを、ストレッチツールに名称変更(日本語環境では【タイミング】のままで変更されていませんが、これは数ヶ月に1度しか各国語へのローカライズ作業を行っておらず、開発のタイミングと同期していないのが原因だそうで、そのうち変更されるそうです)
  • ストレッチツール(コントロールバーの【エディットツール】ボタンを右クリック、もしくは長押しして日本語環境では【タイミング】を選択)は、選択した複数のクリップに対して機能するようになり、なげなわ選択と時間選択もサポートされるようになりました

各詳細説明はこちら(英語)

【バグフィックス】

  • クリッププロパティインスペクタに誤った M:B:T クリップ長(実際の長さ+1小節)が表示されていた
  • 別の録音トラックにフォーカスを切り替えた後も、ステップ録音は元のトラックに録音を続けていた
  • パラメータが自動化されていると、アルペジエータのレートコントロールが更新されなかった
  • MIDI だけのプロジェクトは、ファイルを開いただけで編集済みとしてマークされていた
  • メニューコマンドにアクセスすると、不必要にプロジェクトを編集済みとしてマークすることがあった
  • クリップエンベロープが選択されている場合、クリップにバウンスするとモノラルデータになった
    (選択範囲に MIDI またはオーディオデータが含まれていない場合【クリップにバウンス】は使用できなくなりました)
  • プロジェクトオープン時、クラッシュする場合があった
  • 開いた直後にプロジェクトを閉じるとクラッシュする場合があった
  • プロジェクト負荷により、譜面ビューを維持できない場合があった
  • トランスポートモジュール再生中に歌詞ビューを開くとクラッシュした
  • スリップ編集でクリップ長をゼロにすることができた
  • スリップストレッチ中にクリップ波形が消えることがあった
  • 分割オーディオクリップの波形表示がスリップストレッチ時にクロップを調整するように見えた
  • MIDI クリップのスリップストレッチでクリップデータが消えていた
  • 切り取った MIDI クリップをスリップストレッチすると、クリップデータが突然変化した
  • オーディオクリップをスリップストレッチ後、アンドゥで元に戻してもクリップが元の状態に復元できないことがあった
  • クリップを最大に引き伸ばしてから、反対方向にドラッグするとクランプに失敗した
  • クリップを最大の400%までストレッチしてからマウスを放し、再度左端を伸ばそうとすると全てのストレッチが予想外に失われた
  • ARA Region FX クリップをドラッグコピーして新しいクリップを作成するとクラッシュすることがあった
  • Region FX クリップのトラックを削除またはフリーズした後も Melodyne 上ではトラックが表示されていた
  • Melodyne UI は、編集中にマウスボタンが離されるまでスリップストレッチプレビューを表示しませんでした
  • スリップ編集またはスリップストレッチを行ってからキャンセルしても Melodyne の ARA Region は復元されませんでした
  • Melodyne Region FX クリップを左側からスリップストレッチすると【元に戻す】で Melodyne データが元の場所に復元されませんでした
  • Melodyne クリップをコピーして元に戻すと Melodyne に blobs が表示された
  • ストレッチされた Melodyne クリップをトリミングすると blobs が予想外にシフトした
  • クリップインスペクタでクリップの開始時間または継続時間を変更しても Melodyne では更新されなかった
  • Melodyne Region FX クリップをドラッグしている間、Melodyne がプレビューを表示しなかった
  • クリップを新しいトラックにドラッグすると、Melodyne でフォーカスを失っていた

 

以上、かなり適当な部分もあると思いますが、自動翻訳とは違い Cakewalk 独自の名称や機能に即した翻訳になっていると思います

(元の英文は こちら にあります)

 

| | コメント (0)

2019/05/10

CbB プロジェクトを開くだけで編集済みに…

最近 Cakewalk by BandLab を開いて既存プロジェクトを開くと、
何もしていないのに既に【編集済み】を意味する【*】マークが…

Project_Name.cwp*←こんな感じ

全エフェクトバイパスしたり、削除したり、色々試すも原因不明

色々試すのが面倒になってきたので質問したところ、
プロジェクトファイルを送ってくれと言われたので送信。

どうやらプロジェクトファイルには問題ないそうで…
MIDI だけのプロジェクトで起きる、既知の問題でした。

既に修正済みで次のアップデートで改善されるそうです。
(まもなくアップデートが配信されると言ってました)

はぁ、悩んで色々試して損したわw

既知の問題が箇条書きしてあるページが欲しいな。

| | コメント (0)

2019/05/08

Steinberg CUBASE 30th Anniversary

Steinberg CUBASE 30周年

下記4製品が数量&期間限定で通常価格の半額だそうで…
下位版からのアップグレード価格より安くなっているようですw

【追記】アップデート&アップグレードの半額割引も始まったようです

CUBASE PRO/R 30TH(Pro 通常版)
CUBASE ART/R 30TH(Artist 通常版)
CUBASE EL/R 30TH(Elements 通常版)

CUBASE PRO/CG 30TH(Pro クロスグレード版)

▼クロスグレード対象製品
Ableton Live, Apple Logic, Avid Pro Tools, Avid Sibelius, Image-Line FL Studio, makemusic Finale, MOTU Digital Performer, PreSonus Studio One, Propellerhead Reason, Tascam Sonar(Sonar は最終版と X1~X3)
途中で対象製品が変更になってるっぽいので改めて…(酷いなw)
Ableton Live Standard / Suite, Logic Pro, Cakewalk Sonar Platinum / Professional, Digital Performer, FL Studio Signature / Producer, Pro Tools / Pro Tools HD, Reason (from Version 6), Studio One Professional
でも Cubase Pro クロスグレードのページでは以前のまま(要確認だな)

ちなみに、本家アニバーサリーページで買うより、
イケベ楽器や Rock oN 等で買った方が数百円安いようです(?)

クロスグレード版だと約19000円か…
なかなか悩ましい価格だなw

パッケージ版は USB-eLicenser も付いてんのかな?

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年7月 »