« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019/09/26

iZotope Ozone 8 Elements 無償配布中

iZotope Ozone 8 が、来月 Ozone 9 にバージョンアップするらしく、
本家サイトは勿論、世界中のプラグインショップで無償配布しています

10月2日(時差で3日?)までの期間限定です

下記サイトに限らず、お好きなサイトでどうぞ
(あちこちで沢山シリアル集めても特典はないと思いますw)

本家 - iZotope Ozone Elements Giveaway

Plugin Boutique - iZotope Ozone 8 Elements

AudioDeluxe - iZotope Ozone Elements

JRRSHOP - IZOTOPE OZONE 8 ELEMENTS

まぁ、要するにバージョンアップ前に撒餌して潜在顧客を増やしておき、
アップグレードやバージョンアップ、クロスグレードなどに誘う為だと思いますが…

もしも持っていない方は是非ゲットしておきましょう

そこそこ使える上に、アップグレード等の踏み台になる可能性があります

【iZotope Ozone 8 Elements - 日本語ユーザーズマニュアル】

上位版しか使い物にならないという意見もありますが、
そこは目的と使い方次第なのではないかと思います…

Equalizer、Maximizer は十分機能します
(Imager はイマイチかもしれません?)

| | コメント (0)

2019/09/25

Cakewalk by BandLab 2019.09 Early Access Update

Cakewalk by BandLab
2019.09 Early Access が開始されました!

専用インストーラーで公開準備中の最新版へアップデート出来ます。
(最新版がインストールされている必要があります)

仮に問題があった場合、アンインストールしてから BandLab Assistant でインストールしなおす事で通常の最終版へロールバックする事が可能です。(念のため、独自バックアップも行ってください)

注意点は Early Access Program Guidelines にて確認
※注意事項など理解出来ない方にはおすすめしません

2019.09 EA の専用インストーラーがダウンロード出来ます。


以上、注意事項などを理解した上で自己責任でどうぞw

| | コメント (0)

2019/09/22

Samsung SSD 500GB 860EVO 到着

860evo
以前からカートに入れて温めていた Samsung SSD 500GB 860EVO
タイムセールで千円ちょい安くなってたからポチったのが今日届いた

早速 PC にインストールして動作確認したいところだが超面倒w

てなわけで、とりあえず USB 接続の外付けケースに入れて認識確認だけでもしておこうと PC に接続すると、ドライバのインストールが完了して「使用する準備ができました」と表示されたので、コンピューターアイコンを開いてみるとドライブが見あたらない… あれ?w

デバイスマネージャーでは認識されているので【コンピューターの管理】→「ドライブの管理」を開いてみたら「フォーマットが必要」とか言われたのでフォーマットしたら無事ドライブアイコンが出現したんだけど…
これって何か不親切じゃないのか?

「使用する準備ができました」って表示したくせに、使用する準備出来てないじゃん
「使用する準備ができました」って表示と同時に「フォーマットが必要です」って言えよw
(PC 初心者だと、ここでテンパっちゃうんじゃ?)

以前 Samsung SSD 250GB 850EVO を買った時もフォーマット必要だったかな?
駄目だ、何年も前だから全く記憶にない…

つか、これって Made in China なのね
てっきり Made in Korea かと思ってた(苦笑)



一応、これの使い道を書いておきます

現在メイン PC のドライブ構成が以下のようになっていますが…

C: SSD 250GB Windows 起動ドライブ
D: SSD 250GB BFD2&3音源、他音源サンプルデータ、サウンドフォント等
E: HDD 500GB Cakewalk プロジェクトデータ等
F: SSD 120GB 9年前の SSD なので、ダウンロードファイルや一時ファイル等に再利用
G: DVD Drive  

正直、D: ドライブの空が乏しく、買ったままインストール出来てない音源があるので音源専用ドライブを 500GB に増やしてから、それらをインストールしようと思っていたわけです(利用予定はありませんが…)

今時 500GB の SSD なんて中途半端な容量だとも思いますし、実際のところ Samsung SSD 1TB 860QVO も候補だったんですが、標準的なバンド形態でのロックしか扱わず、フルオーケストラ用の音源などを必要としない私には 500GB で十分と判断しました
正直なところ QLC NAND は、まだしばらく様子見というスタンスが働いたのも事実です
(巨大ファイル転送時の転送速度低下、耐久性の面での不安など)

以上、PC に内蔵させる気力が湧いたらインストールします(笑)

| | コメント (0)

2019/09/17

VST Inventory Tool - プラグインリストの書き出し保存(エクスポート)

Cakewalk(Sonar)用 便利ツール

VST Inventory Tool(ユーザー提供のツール)

Cakewalk by BandLab (Sonar) に登録済みのプラグインを一覧表示(項目別ソート)してくれます
その一覧を html ファイルとして書き出す事が出来ます

新しい PC 購入時や不慮の事故により DAW 環境を再構築する際、
リストを作成保存しておけば、プラグインインストールの手助けになると思います

▼ダウンロード&インストール

こちらのページを開き「VST Inventory Tool」までスクロールダウンしてクリックして下さい

  1. Google ドライブに飛ぶので右上付近のダウンロードアイコンをクリックしてダウンロード
  2. ダウンロードした【VSTInventoryTool.zip】を解凍
  3. インストーラー形式ではありませんので、解凍したフォルダを好みの場所に保存

※ アンインストールは【VSTInventoryTool】フォルダごと削除するだけです

▼使用方法

【VST Inventory Tool.exe】を起動するだけです

  • 【File】メニュー Export で html ファイルとして書き出します
  • 【Source】は Cakewalk & Sonar の各バージョン切替
    (システムに複数バージョンが存在する場合に切替可能)
  • 【Name】【Vender】などの各項目をクリックしてソート表示
  • 【Count】登録されているプラグイン数
  • 【Filter】選択して任意文字列入力後【Submit】で検索
    【Clear】で入力文字列をクリア
    【Reset】で検索結果を破棄
  • 【Cancel】VST Inventory Tool 終了

以上、あればあったで便利なツールだと思います

また、同サイトでは他にも色々な Cakewalk (Sonar) 関連のツールが提供されていますので、使い道のわかる方は気になる物を試してみましょう(自己責任でw)

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »