2019/10/21

Cakewalk by BandLab 用 MIDI FX Plugin

所謂 VST プラグインではなく MIDI FX プラグインです

オーディオトラックに挿入する VST オーディオエフェクトプラグインとは異なります
MIDI トラックに挿入する事で MIDI ノートやベロシティなどを操作し各種効果をもたらします
(非破壊リアルタイム処理なので、トラック内の MIDI データは変更されません)

Cakewalk 標準付属ではなく、ユーザー提供の MIDI FX プラグインを3点紹介しておきます

提供:VIRAMOR(https://viramor.com/


▼MIDI FX Plugin【CSHumanize

ご覧の通りの各パラメータ設定で振れ幅を設定してやる事で、設定値に基づいてランダマイズします

【Note On】ノートの開始位置を調整(終了位置はそのまま)
【Note Off】ノートの終了位置を調整
【Note Vel.】ベロシティを変更

【Prevent Same Note Overlap】同一ピッチノートは前後ノートと重ならないよう調整します
【Preserve Different Note Overlap】異なるピッチのノート間である程度のオーバーラップを保持
(意図的にノートをオーバーラップさせた場合、調整後もある程度のオーバーラップが維持されます)
(自動レガートを維持させたい場合などに使用)


▼MIDI FX Plugin【CSTranspose

MIDI トラックのインスペクタ内にある【Key+】と同じ振る舞いをしますが、
これは複数トラックに挿入し、同じ Group に設定する事により同一グループが同期します
(一つを変更すれば、同一グループに設定された全てが同期して同時に変更されます)


▼MIDI FX Plugin【CSMultiCompander

右側のボタンでモードを選択して使用します

【Velocity】ベロシティを調整
【Poly Aft】ポリフォニックアフタータッチを調整
【Chan Aft】チャンネルアフタータッチを調整
【Ctrl Chng】ボタン下にある編集ボックスで指定されたコントロール(CC)を調整

各パラメータの意味は、各スライダーを動かしてみればわかると思います

全体的に割合調整できる為、例えば【Velocity】モードで使用した場合、既存ドラム音源を別のドラム音源に変更する際、全体的なベロシティが強すぎたり弱すぎたりする事が原因で音源によっては鳴りが不適切になる場合がありますが、これを使用すれば全体的なバランスを保ったまま調整できるので、意図した鳴りに調整する事が出来て便利かもしれません


▼ダウンロード&インストール

  • 該当ページの【Download】ボタンをクリックしてダウンロード
  • ダウンロードしたファイルを解凍
  • 解凍したフォルダは何処に置いても構いませんが、下記が後々わかりやすいでしょう
    C:\Program Files\Cakewalk\Shared MIDI Plugins\
    (VST プラグインフォルダには絶対入れないで下さい)
  • フォルダ内【Install.bat】を管理者として実行
    (右クリック→管理者として実行)
  • これで使用可能な MIDI FX としてレジストリ登録されます

※【Uninstall.bat】を管理者として実行する事で登録解除できます
 (不要な場合は登録解除後、該当フォルダを削除して下さい)

 

| | コメント (0)

2019/09/26

iZotope Ozone 8 Elements 無償配布中

iZotope Ozone 8 が、来月 Ozone 9 にバージョンアップするらしく、
本家サイトは勿論、世界中のプラグインショップで無償配布しています

10月2日(時差で3日?)までの期間限定です

下記サイトに限らず、お好きなサイトでどうぞ
(あちこちで沢山シリアル集めても特典はないと思いますw)

本家 - iZotope Ozone Elements Giveaway

Plugin Boutique - iZotope Ozone 8 Elements

AudioDeluxe - iZotope Ozone Elements

JRRSHOP - IZOTOPE OZONE 8 ELEMENTS

まぁ、要するにバージョンアップ前に撒餌して潜在顧客を増やしておき、
アップグレードやバージョンアップ、クロスグレードなどに誘う為だと思いますが…

もしも持っていない方は是非ゲットしておきましょう

そこそこ使える上に、アップグレード等の踏み台になる可能性があります

【iZotope Ozone 8 Elements - 日本語ユーザーズマニュアル】

上位版しか使い物にならないという意見もありますが、
そこは目的と使い方次第なのではないかと思います…

Equalizer、Maximizer は十分機能します
(Imager はイマイチかもしれません?)

| | コメント (0)

2019/09/17

VST Inventory Tool - プラグインリストの書き出し保存(エクスポート)

Cakewalk(Sonar)用 便利ツール

VST Inventory Tool(ユーザー提供のツール)

Cakewalk by BandLab (Sonar) に登録済みのプラグインを一覧表示(項目別ソート)してくれます
その一覧を html ファイルとして書き出す事が出来ます

新しい PC 購入時や不慮の事故により DAW 環境を再構築する際、
リストを作成保存しておけば、プラグインインストールの手助けになると思います

▼ダウンロード&インストール

こちらのページを開き「VST Inventory Tool」までスクロールダウンしてクリックして下さい

  1. Google ドライブに飛ぶので右上付近のダウンロードアイコンをクリックしてダウンロード
  2. ダウンロードした【VSTInventoryTool.zip】を解凍
  3. インストーラー形式ではありませんので、解凍したフォルダを好みの場所に保存

※ アンインストールは【VSTInventoryTool】フォルダごと削除するだけです

▼使用方法

【VST Inventory Tool.exe】を起動するだけです

  • 【File】メニュー Export で html ファイルとして書き出します
  • 【Source】は Cakewalk & Sonar の各バージョン切替
    (システムに複数バージョンが存在する場合に切替可能)
  • 【Name】【Vender】などの各項目をクリックしてソート表示
  • 【Count】登録されているプラグイン数
  • 【Filter】選択して任意文字列入力後【Submit】で検索
    【Clear】で入力文字列をクリア
    【Reset】で検索結果を破棄
  • 【Cancel】VST Inventory Tool 終了

以上、あればあったで便利なツールだと思います

また、同サイトでは他にも色々な Cakewalk (Sonar) 関連のツールが提供されていますので、使い道のわかる方は気になる物を試してみましょう(自己責任でw)

| | コメント (0)

2019/08/20

Melodyne Version 4.2.2.004 の有効期限切れバグ

ニュースレターなどで既にご存知かと思いますが、一応書いておきます。

昨日、突然下記エラーメッセージが出て Melodyne 終了…

M_error

「期限切れ」ってどういう事だよ? とサポートに問合せたところ…
2時間程で「特定の状況下でタイムロックがかかるバグです」と返事がきました。

【Celemony Helpcenter の説明文】

どうやら、昨日大勢の Melodyne が一斉に停止したようですw

で、数時間後には Version 4.2.3.001 が配信されたという事です。

▼アップデートインストーラーの入手方法

通常なら、スタンドアローン起動時や DAW でプラグイン起動時にアップデート通知が出て自動的にインストーラーをダウンロードしてくるわけですが、今回期限切れで終了してしまうためそうはいきません。

各自のアカウントページにログインして手動ダウンロードが必要です。

ログイン後  ダウンロード  をクリックしてダウンロードしてください。

※ ダウンロードファイルを解凍してセットアップを実行するだけです
 (事前に旧版のアンインストールや認証解除を行う必要はありません)

 

| | コメント (0)

2019/05/29

Melodyne が Version 4.2.2 に更新されました

いくつかの Cakewalk by BandLab に関わる修正がされています

現行バージョン 4.2.2(4.2.1 との比較)

新機能と機能向上

Studio One 4 でのウィンドウ管理機能向上:Melodyne のズームおよびその他のウィンドウ設定が一定となり、これまでウィンドウ毎に個別の設定で表示されていましたが、新規オーディオ・リージョン選択時に同じ設定で表示されるようになりました。

バグフィックス

解消:Cakewalk で、一定の状況下において、新規ファイルが自動分析されず、検出プロセスをスタートするのにアルゴリズムを手動で選択する必要があった不具合
解消:スタンドアロンの Melodyne で、他のプロジェクトが開いている状態で保存せずにプロジェクトを閉じるとクラッシュすることがあった不具合
解消:Logic で、Melodyne プラグインの認証で DAW のローンチが低速化することがある不具合
解消:スタンドアロンの Melodyne で、一定の状況下においてプロジェクトを開いたりインポートしたりするとクラッシュする不具合
解消:ARA モードで、再生をスタートしてから停止すると、一定の状況下において blob 編集時のモニタリングができなくなる不具合
解消:Cakewalk で、新規クリップを選択すると Melodyne の位置表示がずれることがある不具合

| | コメント (0)

2019/04/12

いかにもロックなエレキギターを打ち込む

動画ファイルを video タグで埋め込むテスト投稿だったりしますw
(環境によって再生出来ない場合はごめんなさい… 動画画像が緑一色の場合、ブラウザの設定でハードウェアアクセラレーションを OFF にすると改善する場合があるようで、自環境の IE がそうでした。ビデオカードが古いから?)

これは Unreal instruments さんの Standard Guitar に実装されている Finger Mute 音を使ってフレットハンドミュートでのストローク(デッドヒット?ミュートヒット?正式名称がわからん。誰か教えてw)を実現するテストをした際につくったジングルです。期待通り「チャカチャカ(チュカチュカ?)」鳴ってくれています。ほんと凄い音源です。(ほぼベタ打ちでスミマセン)

上記 sfz 形式の Sound FontPlogue - sforzando で読込んで鳴らした音を、フリーのギターアンプシミュレータ XP - Flextron DC14 でドライブしただけです。(あ… 最後にクリッパーを通して音を前面に引き出してもあります)
ちなみに、有名どころのギターアンプシミュレータを使っていないのは読み込みや動作が重かったり、設定可能域が広過ぎて面倒だからですw
(必要性を感じた時は Overloud TH3 等を使ったりもします)

正直、一昔前の打ち込みギターはギターと言うにはおこがましいものでしたが、音源やアンプシミュレータが進歩したおかげでエセギタリストには嬉しい時代になりました。(そしてどんどん弾けなくなります… 悲しいね)


好きな曲をいくつか打ち込んでみたので暇な方は聴いてみて下さい。
ほぼベタ打ちですが、テンポマップは原曲を元に作成してあります。


 New Found Glory - Anniversary (No Vocals)

・左のギターには YamahaGtr を使っています
・右のギターには Unreal instruments - Standard Guitar
・ベースは Cakewalk SI-Bass Guitar です(笑)


 Weezer - Pink Triangle (No Vocals)

・歪みギターは全て YamahaGtr です(あれ?)
・ベースは Unreal instruments さんの Standard Bass です


 The Damned - Love Song (No Vocals)

・センターギターに YamahaGtr を使っています
・バッキングギターは Unreal instruments - Standard Guitar
・ベースは Unreal instruments さんの Standard Bass です
・原曲に合わせて、しょぼいドラム音源にしてありますw


以上、私の音楽の趣味がバレそうな選曲ですが、多分そんな事はありません。

| | コメント (0)

2018/10/04

Melodyne Ver. 4.2.0.020 アップデート後の問題

MelodyneVer. 4.2.0.020 にアップデートされました

バグフィックスレポートに、Cakewalk (SONAR)で 16bit オーディオでのエクスポート時クラッシュや、トラックフリーズ時クラッシュ等が記載されていたので喜んでいたのもつかの間

Cakewalk by BandLab 内での利用において問題発生…

通常 Cakewalk でオーディオクリップをドラッグし、タイムラインにドロップすると Melodyne がテンポ解析し、その結果がテンポマップに反映されて大変便利なのですが、今回のアップデート後オーディオクリップをドロップすると解析が進み、最終段階で Cakewalk がハングアップしますw

Cakewalk Forum や Facebook Group で、何人も同意しているので特別な環境下で起こる症状ではなさそうで、既に Celemony へ報告済みだそうです。
(どうやらデフォルトアルゴリズムの問題?)


で、嬉しい事に回避策も発見されています。

 まず、目的のオーディオクリップで Melodyne Region FX を作成
 解析が進み Melodyne region FX 作成が完了したら OK

これで、完了済みのクリップをタイムラインにドロップすれば、無事テンポマップにテンポ解析結果が反映されます。
(Region FX を作成せず、いきなりドロップするとハングアップします)


以上、お困りの方がいたら試してみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/10

iZotope Ozone 8 Elements 期間限定無料

無料とは書きましたが、ニュースレターに登録後 Plugin Boutique$1 以上の買物をする必要があります。 (実質 100円ちょいで手に入るという事です)

期間は 2018年10月 第1週 までだそうです。
(9月いっぱいだと思っておいた方が良いかも?)

詳細は下記ページにあります (英語)

Claim your FREE copy of Ozone 8 Elements


Ozone 8 Elements 入手の流れ

1.このページを開いてアカウントを作成します
 メールアドレス&任意のパスワード(確認で同パスワード)入力
 「Newsletter」と「I accept Privacy Policy ~」にチェックを入れる
 【REGISTER】をクリック
2.アカウント認証用URLが記載されたメールが届く
 (届かない場合、迷惑メールフォルダをチェック)
3.アカウント認証用URLに飛んでアカウント認証
4.何でもいいので $1 以上買物をする
5.概ね24時間以内に無料クーポンコードがメールで届く
 (届かない場合、迷惑メールフォルダをチェック)
6.Ozone 8 Elements をカートに入れる
7.coupon code 欄に入手コードを入力して【RECALC】をクリック
8.TOTAL DUEゼロになっている事を確認してから支払開始
9.iZotope のサイトで登録してインストール&アクティベーション

以上、若干面倒ですが悪くない取引です。


▼現在 $1 になっているものはこちら

・ Boz Digital Labs Little Clipper (2018/10/1 まで)
・ Air Music Vacuum Pro (2018/10/1 まで)
・ Air Music Hybrid 3 + Expansions (2018/10/1 まで)
・ Sample Packs by Glitchmachines Chimera (2018/10/8 まで)


以上、もし期間などが間違ってたらごめんなさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/04

Plogue sforzando (Free sfz Player) の問題

Plogue sforzando というサウンドフォント (sfz) プレイヤーですが、
個人的に結構良い感じなので、好んで使ってます。

ただ1つ、かなり前からずーーーっと気になってる問題があって、
プロジェクトを再生するだけで【編集済み】になってしまうのです。

まぁ、無視するか、上書き保存すれば良いじゃないかって話なんですが、
DAW の自動保存設定に【?分】、または【??回変更ごと】ってのがあり、
これを ON にしておくと、ちょっと邪魔くさい事になるんです…

要するに、再生するだけで常に編集されていると DAW が勘違いする為、
実際は編集してないのに、自動保存が頻繁に実行されてしまうわけです。
気分良く編集しまくってる時の頻繁な自動保存は結構ウザイので、
これが一番の問題だと思う

だったら、変更回数での自動保存をやめれば良いじゃないかって?
いやいや、実際編集してたのに自動保存されずフリーズしたら困るw
(大量に編集しまくった時ほどフリーズする可能性高いし…)

つか、結構な人数が使ってるはずなのに、誰も気にならないんだろうか?
気にはなってるけど、とりあえず普通に動くから放置してるのか?

とりあえず、手持ちの他プラグインではこの症状起きないし、
自動保存が実行されるたび、一瞬動作が引っかかるのがウザイので、
開発元の Plogue にメールで問合せてみたんだが、明確な回答無し。

仕方ないので、Cakewalk Forum に書き込んでみたら即返答があった。

Noel Borthwick 氏 (Cakewalk CTO) が言うには…
sforzandoDAW に送信する UI 更新データがドキュメントを汚すため、
編集されたと誤認してると推察。 それを回避出来ないかチェックしてみる。
との事でした。

現時点での回避策はないって事ね…
他のバグフィックスとかに忙しくて、対策されなさそうw

結構使い勝手が良いだけに、何か残念だなぁ…
Plogue に報告したら、送出データ見直してくれるだろうか?
(先日のメールの雰囲気からすると無理そう…)


ちなみに、手持ちの他の DAW でも試してみたら、
Studio One でも同様に、再生だけで編集済みになりました。
Mixcraft では該当データを無視してるのか、大丈夫でした。
(勿論、SonarCakewalk by BandLab は編集済みになります)
(追記: Sonar X3 だと編集済みにならなかった!?)

Noel Borthwick 氏からの調査結果 (2018/5/15 追記)

DAW 側で問題の送信データを無視する事はできないので、
VST ベンダー側で対策出来ないか問合せてほしい。

との事でした…
Plogue にメールしといたけど、こりゃ駄目そうだなw

(2018/5/18 追記)

Plogue から、何の返事もない…
フリーだから多くは望まないが、面倒なら面倒と返事くらいしてほしいw

(2018/5/19 追記)

まるでここを読んだかのようなタイミングで返事が来たw
「タダなんだから我慢してね」的な内容だった。 まぁ、そうだろうな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/26

無料のギター音源(Sound Font) YamahaGtr

今更な内容ですが、初心者の方などの参考になれば…
参考音源を数曲、新しい記事にアップしました

DAW 環境で MIDI 打ち込み(所謂 DTM)する場合、
ギター音源がネックになるケースが多いのは確か。

特に、ある程度ギター弾けちゃう人だと尚更で、
「最悪弾いて録れば…」って気持ちから買う気になれません。

ネットで探すと相当数のフリー音源が見つかりますが、
バッキングで使えるものとなると、一気に数が減ります。

その中で好んで使っているのが YamahaGtr という古いやつで、
ミュートでの刻みが出来る数少ないフリーのギター音源です。
(容量も少ないので読み込みも速くて気軽に使えます)

音源というと語弊があるので、サウンドフォントと理解して下さい。
検索すれば沢山の方が紹介していらっしゃいます)
(現物が見つからない場合 YamahaGtr.zip で検索すれば何処かに…)

「百聞は一見に如かず」という事で、まずは聴いてみて下さい。

「おぃ、あの曲じゃねーか!」って声が聞こえそうですね。
どうぞ合わせて歌ってみてください。 気分良く歌えましたか?
これからってところで終わって消化不良ですか? すみません…

で、結構それっぽく聴こえると思いますが、どうでしょう?
そうでもないですか? そうですか…


▼一応、上記サンプル音源の加工内容を書いておきます

YamahaGtr (サウンドフォント)を、
sforzando というフリーの SFZ Player(VST プラグイン)で鳴らす

好みの問題で、原音を EQ 処理
Eq_sample

コンプレッサー挿入(通常のギターでも良くやるため、無くても OK)
DAW に付属のもので、名前は忘れましたw
(原音をコンプで潰した方がバッキング向きの歪を得やすい)

フリーのギターアンプシミュレータ SoftAmp FM25
Fm25_sample
FM25 のサイトには、他にも手軽でフリーのアンプ等があるので、
興味のある方は、色々試してみるのも良いと思います。
(左右やサイド&リードで違うアンプを使うとかね)

ちなみにフリーのギターアンプシミュレータは探せば結構沢山あります。
「これは使える!」って物から「ん?」って感じの物まで色々あるので、色々試して自分のギター(本物&サンプル音源)に合うものをいくつか見つけておくと良いかもしれません。
でもって、キャビネット(アンプシミュレータが内蔵してる場合もアリ)のシミュレートも大切です。(出音に大きく影響します) IR データを使ったものが主流でしょうか? こちらも合わせて自分に合ったものを探してみましょう。


YamahaGtr について補足

このサウンドフォントには沢山の sfz ファイルがありまして、
実際バッキングに使っているのは【yamaha_sus_mute.sfz】ですが、
実は、少々問題があるので独自に編集してあります。

オリジナルだと…
ベロシティ 58~127 → 通常サスティーン音で、
ベロシティ 1~57 → ブリッジミュート音が出る仕様ですが、
これだと音量的に問題なので、下記のように編集してます。

017行目   lovel=121 hivel=127
927行目   lovel=1 hivel=120

こうすると…
ベロシティ 121~127 → 通常サスティーン音で、
ベロシティ 1~120 → ブリッジミュート音が出る事になるので、
ベロシティ 120 と 121 を使い分ければ音量問題クリアです。

ampeg_release の値も好みで変更してます)

以上、内容が理解できる人は試してみて下さい。
何だかわからない人はあきらめて下さいw
(もしくは、sfz について検索して勉強して下さい)

後、各サンプル音冒頭の無音部分の長さにバラつきがあり、
特定の音程で、許容できないほど遅れてもたつくので、
酷いものはサンプルを編集して無音部分を短くしてます。

他の楽器が入った場合の感じがわかるように、
作曲途中のものですが、曲の冒頭部分だけ貼っておきます。
雰囲気が掴めると思うので、気になる方は聴いてみて下さい。


▼最後に、最近見つけた良さそうな無料ギターを…

Unreal instruments さんのページにある、
Standard Guitar というサウンドフォントです。

これ、まだ全然試せてないんですが…
かなりの奏法が網羅されてるようです。

作者の方(紫式部さん)には頭が下がります。
想像するに、気の遠くなる作業だったはず…

(2018/5/18 追記)

Standard Guitar 少し試してみました。
恐らく、現時点で最強の無料ギターですw

私的に一番の収穫は指板上で手を浮かしてミュートカッティングする際の
「チャカチャカ」という音でしょうかね。 これなかなかありませんから…

また、ステレオサンプルなのでエフェクト無しでも音が広がります。
(独自のステレオ感にしたい場合、逆に面倒な事になりますが…)

「音源の性能を生かせてない!」と作者さんに怒られそうですが…
試しに「チャカチャカ」言わしたサンプルを追加しときますw

ちなみに、少々問題がありまして…
各スイッチ用ノートを、実際のノートより手前に配置しないと、
正常に奏法がスイッチされない点です。 (家の環境だけ? 仕様?)

恐らく、実音ノートより1ティック以上前に配置しないと駄目な感じ?
(当然、それ以前の実音ノートより後に配置しないと駄目)

そう理解して打ち込めばいいだけなんですが、
ピアノロール上、見た目的に大変よろしくないです。
込み入った打ち込み内容だと非常に見辛くなります。

この点、作者さんに問合せようかとも思ったんですが、
HPなどを見た感じ、あまりコンタクトされるのを好まない雰囲気。
なので、とりあえず放置しときますw

(2018/10/15 追記)

いつの間にか Standard Guitar V2 が追加公開されてました

何やら色々追加されているようです。
ダブルトラッキングに対応!? 凄そうです。
ぱっと見ややこしかったので、時間がある時にじっくり試してみますw

で、V2 の「説明および注意事項」に記載がありまして…
前述したキースイッチを実音より前に配置する必要があるのは仕様でした!
(sfz ファイルフォーマットの仕様なのかな?)

兎にも角にも、作者さんには感謝です。 ありがとうございます!

メタルに特化したギターやベースのサウンドフォントもありますので、
気になる方は試してみてはいかがでしょう?

(2019/04/12 追記)

参考音源を数曲、新しい記事にアップしました。
実際、どんな感じになるのか参考になれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)